相続について

顧客対応をする女性

遺産を受け取る場合、同時に相続税を支払う義務があります。相続する場合は、基本的に人が亡くなってからはじまりますが、音信不通や生死不明等の場合でも発生することがあります。

» Read more

過払い金とは

案内をする女性

過払い金は消費者金融やクレジット会社に支払いを行っていた利息を取り戻す方法です。出資法の改正でグレーゾーンが撤廃され、多くの人が過払い金を戻すことになります。弁護士等に無料相談を行うことが可能です。

» Read more

遺産相続について

契約書に記入する人

遺産相続は税金が発生するので税理士事務所等で遺産専門についてアドバイスを行うというサービスを行っている人もいます。税金の知識がなくても、アドバイスをもらうことで、生前から様々な節税を行うことができます。

» Read more

基礎控除額

札束と相談する男たちの人形

債務整理の一環として多くの人が相談をしています。京都で過払いに対応してもらうならここへ。多くの実績を持っていますよ。

相続税法の改正がすでに行われ、これまで課税対象者でなかった人たちも相続税を支払わなければならない状況となる可能性も出てきました。この要因の1つは基礎控除額の大幅な減額です。昨年までは基礎控除額が5000万円と法定相続人1人あたり1000万円となっていました。そのため、配偶者と子供3人の場合には9000万円分の基礎控除がありました。これが今年からは3000万円と法定相続人1人あたり600万円となり、同じケースでも5400万円になってしまったのです。3600万円も減額されたことは、特に都市部に住む世帯には大きな負担となる可能性があります。また、基礎控除額だけでなく最高税率も50%から55%へ上昇しました。

相続税法の改正が行われたのは、これが初めてではありません。その時の経済情勢などを見て、しばしば変更されています。前回の改正の時には今回引き下げられた基礎控除額が上げられたのです。このように今までの歴史の中で何度もその内容が変わっているので、今回の改正内容が恒久化するということは考えにくいです。しかし、どのような内容になれ、相続税というものがなくなる可能性は小さいですから、早めに節税対策を取っておくことは重要です。まだまだ先と考えずにいろいろと今のうちに情報収集をしておきましょう。特に贈与を活用することは相続税の節税対策にはとても有効です。家族ともきちんと相談をし、あわてさせないようにしておくことが重要です。

過払い金請求の報酬

顧客対応をする男性

過払い金の請求を弁護士を通じて行った場合、基本的に着手金や基本報酬、成功報酬を支払う必要があります。多くの弁護士事務所が取り組んでいるので、中には安く依頼を行うことが出来る所もあります。

» Read more

オススメリンク

     
  • 赤羽税務会計事務所

    相続なら川越の会計事務所に相談しませんか。専任スタッフが親身に対応してくれるところならサイトで紹介中!