過払い金とは

案内をする女性

最近、司法書士や弁護士の「過払い金を取り戻せる」というCMを良く見ます。これはグレーゾーン金利が撤廃され、消費者金融やクレジットカード会社に支払っていた「本来払わなくても良かった利息」を取り戻せる、というものです。グレーゾーン金利については後述します。 これを自分でしようとすると、膨大な手間と時間を要することになり、返ってくる過払い金も減ってしまう可能性が高いです。相手は金融のプロですから、プロにはプロが対抗するのが一番です。そのため弁護士や司法書士に依頼する人が増えています。 弁護士や司法書士は報酬が高いのではないかと思われがちですが、相談や過払い金の計算は無料でしてくれる所が多いです。また成功報酬制で過払い金が戻ってきてから報酬をもらう、というスタイルを取っている所も多いので、まずは相談だけでもしてみると良いでしょう。

「利息制限法」では上限金利は金額に応じて15%〜20%となっています。そして従来の「出資法」では上限金利は29.2%とされています。この利息制限法の上限と出資法の上限の間の金利を、グレーゾーン金利と言います。出資法の金利を超えると刑事罰を受けますが、それ以下の金利であれば利息制限法違反であっても罰則がなかったため、グレーゾーンという訳です。 しかし2006年の貸金業法の改正によりグレーゾーン金利が撤廃されたため、利息制限法を超えて受け取った金利は「過払い金」という事が明確化されました。それで「過払い金を取り戻そう」となったのです。 この影響で、クレジットカード会社や消費者金融の経営は悪化しています。そうなると取り戻せる過払い金も取り戻せなくなる可能性があるので、早めに専門家に相談すると良いでしょう。